新型コロナウイルス感染症で影響を受ける会員事業者の皆様へ(資金繰り支援について)

 

【主な資金繰り支援】
①新型コロナウイルス感染症特別貸付(窓口:政策金融公庫広島支店
②マル経融資の金利引き下げについて(窓口:廿日市商工会議所)
③衛生環境激変対策特別貸付について(窓口:金融政策公庫広島支店





①新型コロナウイルス感染症特別貸付(政策金融公庫窓口)

【融資対象】新型コロナウイルス感染症の影響により一時的な業況悪化をきたし、次のいずれかに該当する方

①最近1か月の売上高が前年または前々年の同期より5%以上減少した方
②業歴3か月以上1年1か月未満の方は、最近1か月の売上高が、
a.過去3か月の平均売上高
b.令和元年12月の売上高
c.令和元年10月~12月の平均売上高
のいずれかと比較して5%以上減少している方

【資金用途】運転資金、設備資金 【担保】無担保

【貸付期間】設備20年以内、運転15年以内(うち据置5年以内)

【融資限度額】中小事業6億円、国民事業8,000万円

【金利】当所3年間 基準金利▲0.9%、4年目以降基準金利

新型コロナウイルス感染症特別貸付については、こちらをご覧ください。

・特別利子補給制度
「新型コロナウイルス感染症特別貸付」により貸付を行なった中小企業者等のうち、特に影響の大きいフリーランスを含む個人事業主、また売上高が急減した事業者などに対して、利子補給を行う。
※利子補給の申請方法等、手続きについての詳細は、決定し次第中小企業庁HP等で公表予定です。




②マル経融資の金利引き下げについて(商工会議所窓口)

新型コロナウイルス感染症の影響により売上高が減少した小規模事業者の方向けに別枠1,000万円の範囲内で当初3年間、通常の貸付金利から▲0.9%引き下げを行う。加えて、据置期間を運転資金で3年以内、設備資金で4年以内に延長をする。

【ご利用いただける方】 最近1か月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している小規模事業者の方

【資金の使い道】運転資金、設備資金

【融資限度額】別枠1,000万円

【金利】経営改善利率1.21%(令和2年3月10日時点)より当初3年間、▲0.9%引き下げ→実質0.31%




③衛生環境激変対策特別貸付について(窓口:金融政策公庫)

【ご利用いただける方】
旅館業、飲食店営業及び喫茶店営業を営む事業者のうち、
①最近1か月間の売上高が前年または前々年の同期に比較して10%以上減少しており、かつ、今後も減少が見込まれること。
②中長期的に業績が回復し発展することが見込まれること

【資金の使い道】運転資金

【融資限度額】別枠1,000万円(旅館業は別枠3,000万円)

【金利】基準金利:1.91%
ただし、振興計画の認定を受けた生活衛生同業組合の組合員の方については、基準金利▲0.9%

【貸付期間】運転資金7年以内(うち据置期間2年以内)

 




 

・新型コロナウイルス感染症に伴う対策情報関連サイト

【経済産業省】新型コロナウイルス感染症関連

【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症について

【日本政策金融公庫】新型コロナウイルスに関する相談窓口

【中国経済産業局】新型コロナウイルス感染症対策情報

【広島県】新型コロナウイルス感染症に関する情報

【廿日市市】新型コロナウイルス感染所に関する情報