JAN・貿易証明 ∥ 


商工会議所では、GS1事業者コード申請受付業務をおこなってまいりましたが、昨今のデジタル化やネット化の急速な進展等に伴い、商工会議所を通じた申請のご利用数が少なくなってまいりました。
このため、2020年3月31日をもって、商工会議所におけるGS1事業者コードに関するすべての業務を終了させていただきます。長らくご利用いただいた事業者様には申し訳ございませんが、何卒ご了承いただきますようお願い申しあげます。
2020年4月以降、商工会議所での申請受付・問合せ対応は行いませんので、下記のとおりご対応いただくようお願いいたします。


1.2020年4月1日以降の手続きについて
(1)既にGS1事業者コードを利用されている事業者様について【更新手続き】
更新時期を迎えた事業者様には、従来どおり(一財)流通システム開発センターから更新申請書が郵送されます。更新申請を行う場合は、インターネット(URL:https://www.dsri.jp/)から申請を行うか、更新申請書を (一財)流通システム開発センターへ直接送付してください。


(2)新たにGS1事業者コードをご利用される事業者様について【新規登録手続き】
(一財)流通システム開発センターに直接申請を行ってください。
申請方法は(一財)流通システム開発センターのホームページでご確認ください。
商工会議所では申請書類(「はじめてのバーコードガイド」)は配布いたしません。申請書類をご入用の場合は、(一財)流通システム開発センターへ直接ご連絡ください。

2.GS1事業者コードやJANコードについての問合せ
(一財)流通システム開発センターへ直接お問合わせください。

【連絡・問い合わせ先】
(一財)流通システム開発センター GS1事業者コード担当
所在地:東京都港区南青山一丁目1番1号 新青山ビル 東館9階
ホームページ:https://www.dsri.jp/
TEL:03-5414-8511  FAX:03-5414-8503



原産地証明書をはじめとする、各種貿易証明の発給事業を行っています。原産地証明とは「貿易取引する商品の原産国を証明すること」です。商工会議所が発給機関のひとつとなっています。


①原産地証明
貿易取引される産品の原産地(商品の国籍)を証明するものです。取引に関する内容(商品の性能や品質・価格など)を証明するものではありません。
②サイン証明
書類上の肉筆サインが当所に登録されているものと同一であることを証明するもので、正規に作成されていることを間接的に証明します。
③インボイス証明
各種商業インボイス(送り状)や船積書類などが、発行者により正規に作成され、商工会議所に提出された事実を証明するものです。
所定様式の「登録台帳」にご記入いただきます。内容は誓約書、会社概要、署名届の3点です。なお、登録は本所会員であることが条件です。貿易証明を代行する業者も登録が必要となります。
1.提出書類
・法人の場合  登録台帳、登記簿謄本(3ヶ月以内のもの)
・個人の場合  登録台帳、印鑑証明・住民票(各3ヶ月以内のもの)
2.登録料
会員:無料、非会員:5,500円(税込)
3.登録有効期間
登録の日から2年間
1.貿易関係証明申請書の記入
所定の申請書にご記入のうえ、証明する文書(原産地、サイン証明など)を添付し、直接本書窓口へご提出ください。
2.証明書用紙
原産地証明書の用紙については、本所窓口にてご購入ください。(330円/50枚 税込)
3.証明手数料(1件あたり税込)
会員:770円、非会員:1,540円
4.その他
即時発給をご希望の場合は、必ず事前連絡をしてください。